みんなで大家さんなら初心者でも安心して投資できる

背広の人

区分マンション投資で活用

集合住宅

リスク低減に有効

マンション投資は一部屋からでも行えるようになって小口の不動産投資が行えるようになってきました。個人の投資としては大きくなりがちで心配になりやすいのが不動産投資ですが、初期投資額が少なくて済むのは区分マンションを利用するメリットです。しかし、このときには家賃保証を利用しておくのが安全策になります。区分マンションではリスクが分散されないのが問題点になるからです。一部屋しか所有していないという場合には入居者がいれば家賃収入が入りますが、いなくなった途端に収入が一気にゼロになってしまいます。ところが、家賃保証を利用しているとその空室期間が長くなったとしても、期間中の収入が保証してもらうことが可能です。区分マンションに潜んでいるリスクを低減するために有効な手段と言えるでしょう。もともと購入時から家賃保証が前提で管理を任せる仕組みになっている場合もありますが、マンション投資のリスクについてよく知らない人も多いからこそのサービスと考えることができます。同様に一戸建てを経営しているという場合でも家賃保証に入っておくと退去があったときにも心配がなくなります。マンションに比べると長期間の入居を期待できるのが一戸建てのメリットですが、退去があってから入居にかかるまでの期間は予測ができません。家賃保証に入っておけばその間の維持管理にかかる費用も工面することが可能であり、損失になってしまうことはないでしょう。